個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

自己破産

感染症蔓延で収入が減少。返済が滞り自己破産で解決。

ご相談者様

Kさん(50代 男性)
職業
会社員
借入先
銀行・クレジットカード 
債務総額
8社 700万円

Kさんは、タクシードライバーとして勤務し、安定した収入がありました。ただ、子どもの教育費がかさむことがあり、日常生活での支払いをクレジットカードで行うのが習慣になっていきました。初めのうちは、一回払いのみで問題なく支払っていましたが、支払が厳しい月にリボ払いを使うようになってから残高が徐々に膨らみ始めます。

リボ払いは毎月定額払いで負担感があまりないため、Kさんは子どもの入学金等も借入で賄うようになり、さらに残高が膨らんでしまいました。いつの間にか借入額は700万円程度、返済額は月15万円程度になりましたが、収入は安定していて、子どもの教育費もかからないようになったことから、何とか返済は継続していました。

ところが、新型コロナウイルスが蔓延して事態が急変します。タクシー利用者が激減し、収入が半分程度になってしまうことが分かり、返済を断念。自己破産の手続きを依頼したいとして、相談に来られました。

解決までの道のり

Kさんの収入は通常時の半分程度に落ち込んでおり、自己破産しか手はありませんでした。

そのため、Kさんからの依頼を受けて自己破産を進めることになりました。

手続きを進める中で、新型コロナウイルス蔓延による乗客数の落ち込みは徐々に落ち着いてきましたが、それでも以前より収入が少ない状態は続き、返済ができる状態ではなかったため、最終的に裁判所に自己破産を申立て、破産・免責が認められました。

担当弁護士のまとめ

元々収入は安定していて何とか返済は続けていましたが、借入額が膨らんでおり、少しでも収入が減ると返済が厳しくなる状況であったと言えます。
Kさんは、感染症の蔓延から乗客数が減少、収入も激減したことから一気に支払いが厳しくなり、自己破産に至りました。自己破産することで、自転車操業状態から抜け出し、十数年ぶりにKさんは安定した生活に戻ることができました。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
よくあるご質問はこちら»
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約