個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

個人再生

教育費を補うための借入を個人再生で圧縮。

ご相談者様

Nさん(40代 男性)
職業
会社員
債務総額
5社400万円

3人の子どもがいて、養育費・教育費が徐々に増加したために借入が始まり、個人再生に至った事案です。

Nさんは、第一子が生まれましたが、それにより妻が仕事をすることができなくなり、生活費が不足するようになりました。また、第二子・第三子が生まれ、生活費不足が厳しくなり、クレジットカードで生活費不足を補うようになりました。さらに、住宅ローン負担があり、子どもが大きくなって教育費が増加したため、支払いが困難に。Nさんは、約定通りの支払は続けられないと思い、当事務所に相談に来られました。かつてに交通事故の件でご相談・ご依頼いただいていたことから、今回もと思い、ご相談に来られました。

当事務所が関わった結果

Nさんの借入は、5社で400万円ほどに膨らんでいました。毎月の支払は10万円近くになり、そのまま支払いを継続するのは困難でしたが、月4万円位であれば支払い可能と見込まれました。また、Nさんは住宅ローンの支払もあったため、住宅ローンの支払いは継続して、その他の債務を圧縮する個人再生が最適でした。そのため、Nさんから個人再生をご依頼いただいて手続きを進めました。

Nさんの債務額であれば、個人再生では100万円か、財産額のいずれか大きい額を支払うことになりますが、Nさんの財産を確認すると100万円はないことが明確になりました。そして、実際に申し立てをした結果、債務額は100万円に圧縮。月の支払は約3万円になり、負担が大幅に軽減されました。

担当弁護士のまとめ

住宅ローン特則付きの個人再生を利用することで、自宅を守り、ほかの債務を圧縮することができました。借金の支払が厳しく、住宅ローンの支払もあるという方は、個人再生で自宅を守りつつ、経済的再生を図ることも可能です。個人再生を利用するための要件はやや複雑なところがありますので、弁護士に相談することをお勧めします。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
よくあるご質問はこちら»
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約