個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

任意整理

突然のリストラで払えなくなった割賦販売の料金を債務整理で減額して返済。

リストラに遭って収入が減ったことで、割賦販売方式で購入したカメラの代金を払えなくなったKさんは、債務整理の手続きをとったことで、無理なく支払える返済方法への変更が叶い、無事に商品を手に入れることができました。

ご相談者様

Kさん(30代  男性)
借入先
クレジットカード(リボ払い)
債務総額
200万円

あるメーカーの工場で派遣社員として働いていたKさんにはメカマニアの趣味がありました。家電やカメラが好きで、ときどきは高級なカメラを購入したりして楽しんでいました。といっても、高額商品は割賦販売で購入していたので支払いに問題はありませんでした。ところが、勤めていた工場が閉鎖されることになり、そのあおりを受けてKさんの派遣契約は終了になってしまいました。運よく他の工場に再就職できましたが、収入は以前より大幅に下がりました。順調に払い続けてきた割賦販売の返済金もこれまでのようには支払えなくなり、Kさんは途方に暮れてしまいました。

ご相談時の借金状況

Kさんはクレジットカードのリボ払いも利用しており、積もり積もった割賦販売の未払い金と合わせて借入は200万円ほどになっていました。月々の返済金は約7万円でしたが、Kさんの再就職後の収入で7万円もの金額を支払ってしまうと、生活が成り立たないため、何とか債務整理で問題解決できないかというご相談でした。

 

解決までの道のり

Kさんは無理なく払える返済方法に変更して、返済し終えたいというお考えだったので、方法としては任意整理をお勧めしました。給料から毎月の生活費を差し引いた後、4万円なら返済できるとのことでした。さっそく弁護士が動き、数社あった業者と交渉した結果、将来の利息は0%になり、60回の長期分割弁済で和解が成立しました。

解決するには

お話を伺ってみると、Kさんには未払い分の代金を返していく意志がおありでした。また、再就職で手取りが減ったとはいえKさんは給与所得者であり、継続収入が見込めることがわかっていたので、返済能力があると判断して任意整理で解決することになりました。
Kさんの家計における収支をもとに、無理なく返済に充てられる金額を検討した結果が月々4万円の60回払いでした。債権者の合意も得られ、Kさんは順調に返済を続けておられます。

担当弁護士のまとめ

弁護士が行う借金整理方法には、破産・個人再生・任意整理等があります。借金を支払えない方は破産を選択します。借金を圧縮すれば支払できる方や持ち家を守りたいという方は個人再生の方法があります。Kさんが選択した任意整理は、破産や個人再生ができない方、月々の支払額を減らせば支払っていける方がとる手続になります。
収入と借入れのバランス、借入れの経緯等で取るべき手続きは変わってきます。みお綜合法律事務所では、借金返済にお困りの方から多くの相談をいただいています。それぞれの方の実情に応じたベストの整理方法をご提案しておりますので、一度ご相談いただければと思います。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約