個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

消費者金融からの借入

ATM感覚の消費者金融から借入。 返済しても再借入して、残高が減少しない‥。

思い当たるフシはありませんか?

  • 返済して枠が空くと、すぐに借入をしている。
  • 消費者金融で貸付限度額は増やせないと言われた。
  • 銀行やクレジットカードからの借入で返済をしている。

毎月返済しているのに
借入残高は増えていく

Cさんは生活費不足のために消費者金融から借入をしていましたが、返済して枠が空くとすぐに借入をするため、残高は全く減りません。
それどころか、銀行で追加の借入をして返済に回しているため、返済をしているのに、借入残高が毎月増えていることに気が付きました。

きっかけは...

家族に内緒で借入がしやすいと考えて
消費者金融で借入を開始

Cさんは、家庭の生活費不足で、自由に使えるお金が少なかったため、家族に内緒の借入がしやすいと考え、消費者金融で数万の借入をしました。数万の借入であればすぐに返せると考えていましたが、現金を手にするとすぐに使ってしまい、短期間で数万の借入を何回も繰り返してしまいました。
借入限度額は50万円でしたが、すぐに上限に達してしまい、他の消費者金融の店舗に行き、さらに50万円の枠を作りました。ただ、新たな借入枠もすぐに一杯になり、返済額も少しずつ増えていきました。
消費者金融は総量規制の対象となっており、各社あわせて年収の3分の1しか借入ができません。一方、銀行は総量規制の対象外のため、比較的借入をしやすくなっています。Cさんも、消費者金融で借入ができなくなると、銀行から借入をしたり、クレジットカードのショッピング枠を利用するようになり、雪だるま式に債務額が増えてしまいました。

問題点はココ!

現金を手にすると使いすぎる
リボ払いのため残高が減らない

初めはあまり使わないようにしようと思っていたCさんですが、現金を手にすると使いすぎてしまいました。そうすると次々に借入をして、債務額があっという間に膨れ上がってしまいます。
また、消費者金融はリボ払い方式のため、毎月の返済額の負担は低くなっています。その分、元本に回る返済割合は低く、債務額はなかなか減りません。返済で枠が空いた分借入をすれば、債務額は全く減りません。
さらに、消費者金融は総量規制の対象のため、借入限度額に達したら新たな借入ができなくなりますが、銀行借入やクレジットカードのショッピング枠は対象外のため、Cさんも、銀行借入・ショッピング枠の利用で債務額をさらに増やしてしまいました。

このまま続けると...

返済しても借入額が増える事態に
徐々に生活が圧迫されます

Cさんの借入額は、全体で1000万円にもなり、ほぼ利息しか払えていないのに、毎月の返済額は15万円にもなってしまいました。借り入れを増やして返済をしている状態になり、出口が見えないことにCさんは途方に暮れてしまいました。

解決するには

弁護士に相談して解決方法を検討
任意整理・個人再生・自己破産から選択が可能

借入が大きくなって返済が苦しくなったら、弁護士に解決方法の相談をしましょう。借入額・返済可能額・借入の原因・財産の有無等からベストの解決方法を探し出します。
任意整理は、今後の利息をカットして、3年~5年の範囲で分割弁済できるよう業者と交渉をします。毎月の返済額は大きく減らないこともありますが、完済までの見通しを立てることができます。
個人再生は、債務額を圧縮して、基本的に3年で返済します。利息カットだけではなく、元本も圧縮しますので、返済額を大幅に減らすことができます。
自己破産は、債務を0にします。その代わり、大きな財産は手放す必要があったり、借入の原因に問題があれば、債務がなくならないこともあります。
借金の返済に限界を感じた方は、みお綜合法律事務所の無料相談をご利用ください。

まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約