個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

家族や会社に隠れて
借金返済しつづける生活は、
終わりにしましょう。

弁護士を味方につけて。
借金問題サヨナラしましょう。

法律は借金で苦しんでいる人を見捨てません。「債務整理」という手段を使えば、借金の悩みは解決できます。早く、有利な問題解決を望むなら、弁護士を味方につけるのが一番です。

弁護士が解説

借金問題解決コラム

多くの方の生活の建て直しのお手伝いをしてきた、
弁護士法人みおの弁護士が借金問題の解決方法などをわかりやすく説明いたします。

借金問題を解決できた
30,000人以上の方たちからの
お手紙が私たちの励みです

  • 感涙!自分に過払い金があったとは
  • 破産してよかった。今では店も再開!
  • ラジオの声が死を考えた私を救った

よくあるご相談

    消滅時効援用をしたい場合、誰に依頼すればいいですか?

    弁護士・司法書士・行政書士が考えられますが、弁護士へ依頼するのが確実です。
    行政書士の場合、消滅時効が完成していなかった際の業者との交渉や破産・個人再生手続きができません。
    司法書士の場合、消滅時効が完成していなかった際の業者との交渉について、金額の制限によりできないことがあります。また、破産や個人再生の手続きでは、申立書の作成は可能ですが、裁判所とのやり取りができないなどの制限があります。
    弁護士であれば、時効援用の手続き、業者との交渉、破産や個人再生の手続きなど、手続き全部を任せることができます。
    したがって、消滅時効援用の手続きは弁護士に依頼するのがいいでしょう。

    消滅時効にかかるくらいの借金について、過払金の回収はできないのでしょうか?

    貸金業者からの借金は5年で時効になりますが、過払金は10年経たないと時効になりません。そのため、支払いができなくなってから5年~10年の間であれば、引き直し計算しても債務が残っているのであれば消滅時効援用、引き直し計算で過払金が発生しているのであれば過払金請求ということが可能です。

「みおに、人生救われた」
3万人以上の方の借金問題を
私たちが解決してきました。

弁護士の手腕によって結果が大きく左右されるのが借金問題です。事務所開設以来、私たちが解決に導いた借金問題は3万件を越えます。その多くの方々から「みおに頼んでよかった、人生を救われた」と、感謝のお言葉をいただいています。

1円も損をしたくない人の本。
ヤミ金に行く前に読む本。

さよならローン地獄

澤田有紀 著(主婦の友社 刊)

数多くの善良な市民をローン地獄から救った“主婦弁” 澤田有紀弁護士の解決事例には、借金問題を解くカギがいっぱい。

カード&住宅ローン危機!
脱出マニュアル

澤田有紀 著(主婦の友社 刊)

ローン返済で人生をしくじらないための“読む即効薬”。賢い返済方法から、人生のリセット術までを目からウロコのノウハウ本にまとめました。


まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 当日予約可能
    電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約
※当日の弁護士の状況によります