個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

自己破産

退職金が底をつき、借り入れたお金を破産で免責

ご相談者様

Aさん(50代 男性)
職業
無職
借入先
クレジットカード
債務総額
3社150万円

Aさんは、もともと公務員として働いており、生活は安定し、借金とは無縁でした。ただ、働きすぎのせいか体調を崩してしまって仕事ができなくなり、退職を余儀なくされました。退職金は受け取ったものの、仕事が見つからないまま時間が過ぎ、いつの間にか退職金は底をついてしまいました。

退職金が底をついたことから、持っていたクレジットカードの利用を開始。しかし、収入がないため、返済ができるはずもありません。半年ほどで借入額は100万円を超え、借入枠はなくなってしまいました。このままではどうしようもないと考えたAさんは、自己破産申立をご希望され、当事務所に相談に来られました。

当事務所が関わった結果

Aさんはご相談時無職で、150万円の借入を返せる見込みはありませんでした。また、無職の状態で借り入れはすべきでなかったとはいえ、生活のためにはやむを得ないところであったため、破産・免責は認められるのではないかとの見通しの下、手続きをお受けしました。

ご依頼の後は、財産関係・負債関係等の資料を集め、破産申立を行いました。裁判所では、退職金が一気に底をついた経緯等が問題となりましたが、詳細を説明することで、無事破産・免責が認められました。

担当弁護士のまとめ

借入額は150万円と極端に多額とは言えませんでしたが、無職で返済の見通しが立たないことから、破産手続きを行いました。
破産は、大きな財産があるか、借入の経過の問題が大きい等の場合は、破産管財事件となり、別の弁護士が破産管財人に選任され、詳細な調査が行われます。一方、大きな財産はなく、借入の経緯に大きな問題がないという場合は、同時廃止事件として、書類の提出や、場合によっては1回程度裁判所へ出頭することで免責が認められます。
本件では、Aさんには、大きな財産はなく、借入の経緯も大きな問題はありませんでしたが、退職金が一気になくなった経緯や無職の状態でクレジットカードの利用を重ねた経緯があり、1回裁判所に出頭して詳細を説明した後に、免責が認められました。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
よくあるご質問はこちら»
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約