個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

任意整理
2023/01/04

約550万円の負債を任意整理で無利息払いに変更。

ご相談者様

Nさん(40代 男性)
職業
会社員
借入先
銀行・クレジットカード・消費者金融
債務総額
7社550万円
住所
大阪府

Nさんは、生活費が不足するときに消費者金融から借入をはじめ、15年ほど取引してまとまったお金ができた時に完済。完済して過払金があるかもと考え、当事務所にご依頼いただきました。10年ほど前のことで、この時は約200万円の過払金を回収しました。

その後は、回収した過払金で生活に余裕がありましたが、しばらくすると過払金は使い切ってしまい、銀行・クレジットカード・消費者金融から再度借入をするようになってしまいました。毎月の返済を少なくするためにリボ払いの設定をしていましたが、手数料が高く、返済してもなかなか借入が減らず、少しでも追加借入をすると一気に借入額が増える状況になっていました。借入額は徐々に増えていき、7社550万円、毎月の返済額は10万円を大きく超え、限界を感じたNさんは再度みお綜合法律事務所に相談に来られました。

ご相談時の借金状況

ご相談に来られた時のNさんの借入は以下の通りでした。

銀行 2社180万円

クレジットカード 3社260万円

消費者金融 2社110万円

7社への支払は厳しく、住宅ローンもあったため、住宅ローン特則付き個人再生が適しているように思えました。しかし、個人再生は家計収支や収入資料の提出などでご家族の協力が必要であるところ、ご家族に内緒で手続きを進めたいというご希望であったため、個人再生を進めるのは断念。任意整理で無利息払いに変更し、毎月の支払額をできるだけ減額することを目指すことにしました。幸い、Nさんは収入が増える見込みで、任意整理で支払っていける見通しがあったため、手続きを進めることになりました。

債権者との交渉では、概ね無利息60回払いで和解がまとまり、毎月の返済額は約9万円に減額になりました。Nさんの毎月の余剰は10万円強であったため、無事任意整理が成立しました。

担当弁護士のまとめ

膨れ上がった負債について、任意整理で利息カット長期分割払いにして、経済的負担を緩和した事案です。
任意整理は、利息をカットするため、借金の支払総額は大きく減額になります。ただ、元本は支払う必要があるため、毎月の支払額は大きく変わらないこともあります。そのため、個人再生・自己破産と比較して経済的メリットは小さくなります。
一方、個人再生・自己破産と比較すると、家族に内緒のまま手続きを進めやすい・準備すべき資料が少ない・整理対象とする業者を選択できる等のメリットがあります。
本件は、毎月の支払額は大きくは変わらないものの、家族に内緒で少しでも経済的負担を減らしたいというご希望でしたので、任意整理を選択しました。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
よくあるご質問はこちら»
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約