個人の借金問題
  • 0120-7867-30
  • メールでの相談受付はこちら

解決事例

任意整理

長い間、びくびくしながら 滞納し続けていた借金が リセットされてゼロになった!

カード会社からの借り入れを長期間滞納し、一括返済を迫られたらどうしようと不安な毎日を送っていたIさんは、弁護士に相談したことで急転直下、明るい結末を迎えることができました。

ご相談者様

Iさん(50代 男性)
借入先
カード会社(計2社)
債務総額
200万円

Iさんは、生活費不足からクレジットカード会社2社から借入れを始めました。借り出すと歯止めが利かなくなり、あっという間に借入れがふえて、毎月借りたり返したりを繰り返していました。

ご相談時の借金状況

2つの消費者金融から合計約200万円(A社約150万円、B社約50万円)の借り入れがありました。

借金はこうして膨らんだ

何とかやりくりしながら返済を続けていたIさんでしたが、病気が原因で収入が激減。A社への支払いができなくなり、B社への返済をのみを行うようになりました。そのうち、勤務先の業績不振からIさんの収入はさらに減少し、B社への支払いもできなくなってしまいました。

解決までの道のり

Iさんから事情をお伺いしたところ、A社については5年以上支払いがストップしていたため、消滅時効援用で借金がなくなる可能性があるとともに、20%を超える利率で借入れをしていたことから過払い金を回収できる可能性があることがわかりました。

一方、B社はもともと利率が18%以下であったため、過払金の発生は見込めませんでしたが、弁護士が手続きをすることで、将来の利息をカットすれば十分に返済できる可能性があると判明しました。実際に手続きを始めると、A社からの借入れは0円となり、逆に10万円の過払い金を回収することができました。B社からの借入れは減りませんでしたが、月々1万円の50回払いで和解することができました。

解決するには

カード会社2社ごとに債務内容が異なっていたので、個別に対応策を講じました。A社については、「消滅時効の援用と」過払い金の回収で問題を解決。B社については、任意整理を行い、無理なく払える返済計画をカード会社と交渉して和解を成立させました。

担当弁護士のまとめ

平成20年頃より前から消費者金融やクレジットカード会社とキャッシング取引きを行っていた方は、高い利率で取引をされている可能性があり、過払い金が発生することがあります。また、借金は、5年以上支払いをストップしていると消滅時効で返済が不要になります。Iさんの借金は、消滅時効の援用と引き直し計算で大幅に減額になり(200万円→50万円)、また、過払金(10万円)を回収することで解決に至りました。
借金返済が苦しくなってきた方は、弁護士に相談することで解決の糸口をつかめると思います。一度お気軽に相談ください。

まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30
まずはお気軽にお問い合わせください!
初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)0120-7867-30
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
ご相談予約受付フォーム
 各種法律のご相談予約
法人・事業主の方
個人の方
  • 電話する
  • チャット相談
  • 相談予約
  • 相談予約
  • 相談予約